王寺・たんぽぽ展へ

c0083527_23115960.jpg

うみさんがコメントを寄せてくださっていますが
今日、奈良は王寺の「たんぽぽ展」に行ってきました。

くりままさんが常滑から来られる時間に待ち合わせて(*^_^*)

大阪駅から大和路快速に乗ると、すぐなんですね~!

みなさんの熱心がよく伝わる、とてもあたたかい展でした。
うみさんお疲れ様でした。長い時間をかけて、皆さんによく尽くされましたね。
うみさんの皆さんへの愛が、なんだかこう胸にじわ~っと来ました。

そして、せっかくくりままが来てくれましたので
その足で、天満橋の安川眞慈先生の教室合同展へ。

王寺への行き方はカンペキに調べて、順調でしたが
帰る時のことをまったく考えていませんでした・・・
脇があまかった。。。

ここは大阪人である私にすべてが任せられているのですが
天満橋への最短の行き方がわからなくて、
めちゃめちゃ長い時間電車に乗ることになっちゃいました。


くりままはとてもいい人だから、「いいよ。いいよ」って終始笑顔
私は調子のいい人だから「ごめん。ごめん」と終始笑顔。

阪神名物イカ焼きを立ち食いして、がトーラスクハラダの行列を見学して
大阪の名所案内終了。私の実力ではまぁこんなもんかな(*^_^*)

「ぴいす絵手紙教室の皆さんの作品」
「ネットで心つながる仲間特別参加展」
「物品コーナー」「私の作品」の準備


全部同時進行で、進んでいます(*^_^*)
うみさんご要望・丸い紙の準備もOKですよ~!!

描きやすい紙、かわいい紙もGETしましたから、楽しみにしていてくださいね!!



明日は、特別参加のみなさんのご紹介、全部できるようにがんばります!!

大切な作品、送っていただいてありがとうございます!


XIAH junsu(シア ジュンス)「悲しみのゆくえ」聴いてください。
たましいのこもった声。ホントに努力の人。尊敬します。




よろしければこちらも ご覧になってください!





悲しみのゆくえ作詞者松井五郎ブログさんより。
<東方神起のXIAH junsuに「悲しみのゆくえ」という詞を書かせてもらった。
BeeTV ドラマ「五年後のラブレター」の主題歌である。
主題歌ということでドラマのシノプシスを参考にしたが、
ドラマにも現在の junsuにも響く内容を考えて作りたかった。
「幸せは終わるより変わる方が僕にはさみしい」という一節は、
遠く近い距離で家族を見守り続けるドラマの主人公の気持ちでもあるが、
自分の思いとは別の方向へ進む現実に翻弄される男の歌でもある。

 「幸福の臨界点」を越えてしまえば、人は同じ「幸福」を維持はできず、
「変化」と向かい合わなければならない。
時には、いっそ終わってしまった方が楽な「幸福」もある。
終わった「幸福」なら、美しい記憶にもできるかもしれない。
しかし、終わることのできない「幸福」を、そして、その「幸福」が
思わぬ方向へ変化していくのを、受け止めるのはとてもつらいのではないか。

 歌がrealityを持つかは、発信する側からの意図だけでは成立しない。
聴いてくれた人との作品を通じての交信が、その歌を脈打たせることになるのだと思う。
その意味で、「悲しみのゆくえ」の辿る先に在る未来を見届けたい。>
[PR]
by kirakiraetegami | 2010-05-30 22:59 | 絵手紙

絵手紙って大きくて広くて深い。すごい世界だと思います。大好きです。


by kirakiraetegami