ひとまわり

c0083527_176326.jpg
絵手紙の箱を整理していたら、12年前10才のムスメが書いた年賀状が出てきました。




教室の最も古くからいらしているみなさんが
「うさぎ年から絵手紙で年賀状を書き始めた」と話しておられたことを思い出しました。

私が絵てがみを描き始めて13年。
平成10年9月に始まった私の教室もまるっと一回りしたのですね。

整理しながら、読んでいると胸がつまってきました。

絵手紙が持つ深さ、やさしさ。
私たちがどんなにへたでも、真ごころを受け入れてくれて
その上に、喜びや生きる力を与えてくれていることがよ~くわかるのです。

自分だけの喜びであったことが、知らない間にだれかの心に灯りをともしていたり
涙を共有していたり・・・



絵手紙って本当にいいですね。

ただのブームで終わるのではなく
生活に根ざして、心のよりどころとなるものとして
永遠に残ってほしいな・・・と思いました。
[PR]
Commented by とくちゃん at 2011-01-02 20:00 x
一緒にはじめた仲間が今は絵手紙をやめていて、
先日会ったら「続けていることがずごい!」って言われました。

続けるには楽しいことが一番ですね、ということは楽しまないと・・・ですね。
Commented by のこたん at 2011-01-03 19:38 x
とくちゃん☆こんばんは(^_^)

いつもコメントありがとうございま~す!
お稽古としての絵手紙だったら、上手になれなかったらやめちゃうでしょうね。
特に、絵も書も苦手で、私みたいな人は・・・。

それでも、なが~いこと続くっていうには、お稽古を超越(?)したものが
あるからなのではないかしらん(^_^)

私の場合、絵手紙の時間は笑いっぱなしで、お茶にオヤツ三昧ざんす。
by kirakiraetegami | 2011-01-02 17:20 | 絵手紙 | Comments(2)

絵手紙って大きくて広くて深い。すごい世界だと思います。大好きです。


by kirakiraetegami