秋の子

c0083527_21585746.jpg


私は「秋の子」だったのかと、今、美しい紅葉を目にして改めて思う。

こんなにしっとり和風で、情緒豊かで哀愁ただよう、思慮深い季節に産まれていながら、その恩恵はマッタク受けていないようだ。カーッ(^_^;)

典子さんじゃなくて、秋子さんだったら、こんなハッチャキじゃなかったかも・・・ウウウ。


お誕生日メッセージ感謝します。

ものすごく元気なのに、三回もメスがはいったこの身体。
ものすごく健康なのに、すごい冷え性なこの身体。
ものすごく眼がよかったのに、今は辞書が見えないこの身体。


そうだ。
命あることに感謝しよう。
肩の力抜いて、背筋のばして歩いていこう。ゆっくりでも。。。

★人気blogランキングへクリックしてね!★





紅葉になるその理由
秋になると木々の葉が美しく紅葉します。
さて、では早速この紅葉の原理を説明しましょう。
葉の中には「葉緑体」という色素体が入っています。
これは光合成を行い、二酸化炭素を酸素にしたり、栄養素であるデンプンを生み出すものです。
その葉緑体の中に、光合成を行うのに必要不可欠な「クロロフィル【chlorophyll】(葉緑素とも言う)」という物質が入っています。
実は、葉の緑色は、このクロロフィルによる物なのです。
夏から秋になり、気温が下がったり日照時間が減ると、葉っぱにはあまり日光が当たらなくなります。
すると、光合成を行えない=栄養分を生み出せなくなってしまいます。
そうすると木は、栄養が足りなくなり、「餓死」してしまう可能性が出てきます。
そこで木は、自分の体の中で不要な部分を切り落とそうとするのです。
その時選ばれるのが、実は葉っぱなのです。
木は、葉っぱを切り落とす際、葉っぱの付け根のところに「仕切り」をします。
こうすると、別の葉で作られた栄養分が、その葉っぱに行かなくなり、木はその分、栄養を他の部分へ回す事ができるのです。
ただ、この方法を用いると、葉っぱに栄養が行かない代わりに、葉っぱからの栄養もやってきません。
すると当然、この葉っぱで作られた栄養分は、葉っぱにたまり続ける事になります。
そして、この栄養分がたまりにたまると、クロロフィルが破壊され、逆に「アントシアン【anthocyan】」という赤色(鮮紅)の色素が形成されます。
そのため、徐々に赤くなっていくというわけです。
また、葉が黄色くなる(黄葉する)のは、「カロテノイド【carotenoid】(カロチノイドとも)」と言う色素があるため。
これは、秋以外でも年中葉の中に含まれていますが、普段はクロロフィルにかき消され、見る事が出来ない色素。
クロロフィルが破壊されても、アントシアンが形成されないと、黄色い葉っぱになるのです。
ちなみに、紅葉の条件としては主に、「昼夜の気温の差が大きい」「日照時間が長い」などが要求されます。
赤い色素アントシアンは、気温がググッと下がった時に形成されやすく、また、日照時間が長ければ長いほど、栄養分が大量に作られるため、アントシアンが大量に作られるからです。
ただ、木が葉っぱとの間に「仕切り」を設ける条件は、日照時間が短くなる事。
つまり、木が「仕切り」を設けたあと、日照時間が長くなるような環境だと、綺麗な紅葉を見る事ができるのです。
[PR]
by kirakiraetegami | 2006-11-27 22:02 | 絵手紙

絵手紙って大きくて広くて深い。すごい世界だと思います。大好きです。


by kirakiraetegami